大学生の演奏でブラジル音楽に触れた1日でした

今日は朝から冷たい雨。そんな肌寒い中次女が大学祭でブラジル音楽のライブをするというので、行ってきました。

長女はダンスサークルに入っていて毎年大学祭のステージを観に行っていたのですが、次女の場合は1回生の時から敢え無くコロナ禍。

学外でもなかなか観に行く機会がなく、ようやく今年の学園祭のライブは観客ありで開催されることになりました。

娘は幹部で実質これでほぼサークル活動は引退。長女の小学校時代から始まってクラブ活動だ合唱コンクールだと応援しに行ったけど、これが最後と思うと感無量になります。普通は大学生になるまで観に行く親は少ないのかも、と思っていましたが、案外父兄?と思われる方達も少なくありませんでした。

小さな仮説のライブハウスはすぐに一杯に。学生たちの演奏の熱気が観客にも伝わり、外の寒さが嘘みたい。

今日が学園祭最終日で幹部も終了という事で感極まった挨拶もあり、あぁ可愛いな、若いっていいなと思ったのでした。

(結局許可されましたが基本撮影厳禁だったことと個人情報ばかりなので写真のアップは控えます)

さて、ブラジル音楽と聞いて「サンバ」くらいしか思いつかなかったのですが、実はいろんなジャンルがあるのだそうで、今回も様々な曲を聴かせてもらえました。

1)ボサノヴァ

サンバの次に有名ではないでしょうか。華やかなサンバに比べて落ち着いてジャズに似た雰囲気が良くBGMなどにも使われているようです。クラッシック・ギターをメインに使用される事が多いですね。

2)マラカトゥ 

ブラジル北東部を中心とした伝統的民族音楽。木や皮で作ったアルファイアという大太鼓など打楽器を使った素朴で迫力のある音楽です。

3)ヘギ

「サンバヘギ」とも。サンバとレゲエを融合させた音楽。ヘギはポルトガル語でレゲエの意味。

4)エンヘド

カーニバルでやるサンバです。打楽器を主としてかなり賑やかです。今日はダンサーさんも登場し熱気あるライブでした。

この他、モノブロコ、ファンキ、等いろいろ楽しませてもらいました。

動画を漁ってみましたが個人のものもあり引用は控えました。でもどのジャンルも(ちょっとうるさいので音量注意のものもありますが)なかなか面白いのでぜひ一度お試しください。

最後にボサノヴァで検索するとやはりヒットが多かった小野リサさんを。ボサノヴァではないのですが素敵にカバーされていたので。

youtu.be

YouTube

 

 

 

 

検査や通院で母のサポートをしながら思う事

実家で一人暮らしの母が検査入院することになり、先週は大阪・東京を二往復してその合間にその他諸々の事に対応するという個人的には少々ハードな毎日でした。

電話で話をする範囲では声もしっかりしているので(というか耳が遠いせいで大声になっていて)夫は「お義母さん、元気やん」など言うのですが、少しづつ衰えが加速していく感じがわかります。

記憶力が劣ってくるのに伴って時系列の認識がおぼつかなくなってきているようです。

今回は大腸内視鏡検査で下剤服用が必要な検査だったけれど、当初は私の帰阪を待って当日服用する予定だったものを、何だか「前もって飲まないといけない」と思い込んだらしく勝手に希釈して飲みかけたことから大騒ぎに。

結局前日から入院して検査を受けることになって(もう最初からそうしていれば良かったのですけど今回は3つの医療機関が関与して非常にややこしいことになってしまいました)無事検査は終了。多分結果も概ね良好の様子。

少し前なら勘違いした事でも何回か説明すれば納得してくれていたけれど、今回は終始ちぐはぐでケアマネも数回訪問してくれて話を進めたけれど、最後まで本人は何の入院かわからず逆に不安な気持ちにさせてしまったようです。

何回も言葉を重ねてできるだけ丁寧に話しているつもりでも、なかなか伝わらないと本人もイライラしてくるようで、それをなだめているこっちの声も徐々にトゲトゲしていくような気が。

その母本人は自他共に認めるめっちゃ気が強くて他人に負けるのが嫌いな人。子供に着せる服も運動会のお弁当も、子供が喜ぶより「よそと比べて勝ってなんぼ」の勢い。

昔はそういうところが苦手だったのですが、それくらい気が強いおかげでこれだけ高齢でも気丈に一人暮らしができているのも事実(と、本人も言ってます)。

以前は町内会の役員や民生委員をやっていたので、それなりに社交的だったと言えますが、元々他人とおしゃべりがしたい人ではなく、むしろそんな事は暇な人がするもので自分はそんなヒマ人ではない、という自負というかプライドがあるんですね。

最近は住人が激減したせいで町内会も解散し、知人も少なくなり、話し相手が段々減ってきているので、ますます会話や刺激が少なくなってしまうのが懸念するところ。

ケアマネによれば、民生委員などでキビキビ活動していた人が委員を辞めてすぐ認知症が始まった例も実際あったとか。

…という周囲の心配をよそに我が道を行ってる母。まぁ元気でいてくれれば良いのですが。今週も弾丸の里帰りです。

 

Amazon.co.jp

こんな本を見つけたけれど…役立つかな…

 

「恋する惑星」ポップで斬新な映像と音楽を90年代の香港で

ウォン・カーウァイ4Kレストア版が上映中という事で先日観に行ったところでしたが、

minonoblog.hatenablog.com

8月以降特集を組んでいる劇場「新宿シネマート」で近々特集上映が終了するというので、急いで立て続けに観に行きました。

引用:シネマート新宿

恋する惑星」(1995年)

画像2

映画.com

警官223号(金城武)はエイプリルフールに失恋した相手を忘れる為、その夜に出会う女性と恋をすると決め偶然入ったバーで、金髪にサングラスの女性と出会う。彼女は麻薬密売ディーラーで仲間割れから逃亡中の女。一方、バーガーショップで働くフェイ(フェイ・ウォン)は店の常連の刑事633(トニー・レオン)を密かに片思い。ある日店主から彼の元カノからの手紙を彼に渡すようにと託されるが、中に彼の部屋の合鍵が入っていた事から、彼の部屋に忍び込むようになる…

香港を舞台とする2組の男女の恋愛劇…ではありますが、金城武と金髪女性の方はホテルで一夜を過ごすも本当に寝てしまうだけで特に恋愛関係になることもなくあっさり別れてしまう。

ラブストーリーよりもドラッグ売買を巡る外国人との銃撃戦の方が印象的。いかにも治安の悪そうな繁華街の一画で銃を撃ちまくり喧騒の中追っ手をかわしつつ逃げ切る女性(最後までサングラスを外しませんがブリジット・リンです)。ピンヒールでそんなに走れないだろうに…そんな事はどうでも良いと思わせるようなハードボイルドチック。

それでも多言語を操り手当たり次第に女性に電話し、バーでも金髪女性に言い寄る若き金城武はやっぱりカッコいい。当時日本でも人気があったしドラマにも出ていたのが懐かしい。振られても振られてもめげない情けないけれど憎めない男が似合っています。

しかしやはり本作、何と言ってもフェイ・ウォンが可愛い!ショートヘアでマニッシュなんだけれどどこかコケティッシュ。男(しかも警官)の部屋に忍び込んで勝手に模様替えまでやって許されるのは彼女くらいでしょう(笑)。

相変わらず本監督のスタイルである「即興性」重視で撮ったと思われる本作ですが、フェイ・ウォンの自然体に堅物警官であるトニー・レオンが合わせていってるような雰囲気が感じられてそれも楽しい作品。

音楽も流行りましたね。この映画でCalifornia Dreamin'と並んで有名になった曲。カバーとは知らなかったけれど、原曲よりこちらの方が好み。

youtu.be

Youtube

モンチッチ(失礼)みたいなベリーショートは、ゴダール監督「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグ、金髪にトレンチコートのディーラー女性はジョン・カサベテス監督「グロリア」のジーナ・ローランズへのオマージュと言われているそう。画像1画像4

映画.com

それにしても映画の邦題、納得いかないものが多いけれど本作の「恋する惑星」、素晴らしいセンスの良さに感動します。映像や音楽と共に遊び心が光っているようで嬉しい。

新宿シネマートでのウォン・カーウァイ監督特集は11月24日まで。

お月さまの綺麗な日に、お義母さんにディズニーデビューしてもらいました

関西から遊びに来た義母たちとディズニーシーで過ごしました。

もうクリスマス仕様なんですよね。。

義母にもカチューシャ付けてもらってミッキーと写真を一緒に撮ったり… 来る前は車椅子借りて移動した方がいいかもと考えていたのですが、思っていたよりもずっと達者に歩いていて健脚ぶりにみんなで驚いていました。

義母にペースを合わせて移動するので、完全にのんびりモード。ライドはほどほどにしてアトラクションを楽しんでもらいました。でもトイストーリー・マニアでは見事なガンさばきだったらしい(笑)

鳥の声や花の香りのせいで、都会なのに自然の中にいるかのような演出は見事です。隠れミッキーの蝶々も綺麗。

 

この日に帰る義母たちを駅までお見送りし、我々は再びシーへ。

この日は皆既月食。肉眼の方が綺麗に見えました。スマホの限界。

こちらは夫の撮影。これだけだと何だかわからないけど…

朝イチからだったのでそろそろ疲れて来た頃だったのですが、勤め帰りにナイトパスで合流予定の長女が到着。夫と次女は「ご飯食べて帰る」と言い出したので、私が最後まで付き合うことに。結局私が一番長丁場でした。

義母は目も耳もまだまだ良くて食欲もあり、元気でいてもらえることが本当に有難い。お盆とお正月くらいしか会えていないのですが、こうやって来てもらえたのは嬉しい事です。楽しんでもらえたかな。

さて、実母の方はと言いますと、今週に入ってから検査の件で病院やケアマネージャーと慌ただしい電話のやり取りがあり、今後認定レベルを変更する必要性の話も。調子良さそうに見えていても急に体調が悪くなることもあるので、改めて高齢になっていくと健康を維持していくことの難しさを考えさせられました。

元気なうちに会えるうちにといろいろ考えはするのだけど、実際にはあまりしてあげられてないのは何とももどかしい。

どちらの母にも少しでも喜んでもらえる事が出来ればな、と思います。

 

「帰らない日曜日」女性作家の生涯を古き良き英国の記憶で

先日「わたしは最悪。」との二本立てで観ました。何も予備知識無しに観たのがよかったかもしれない一本。

「帰らない日曜日」(2022年)

画像1

1924年3月30日。この日はイギリス中のメイドが里帰りを許されるマザリング・サンデー(母の日)にあたる日だったが、ニヴン家に仕える孤児院育ちのジェーン(オデッサ・ヤング)には帰る家がない。そこにかねてから秘密の関係を続けるシェリンガム家の後継息子ポール(ジョシュ・オコナー)から誘いの電話が。彼はホブディ家一人娘エマ(エマ・ダーシー)と婚約中にあり、結婚の前祝いとしてこの日長年親交のある三家族で昼食会を予定していたが、口実を作って「遅刻する」と嘘をつきジェーンとの密会を楽しむ。ひとときの逢瀬の後ポールは車で昼食会へ。一人屋敷に残ったジェーンは広い屋敷を満喫した後帰途に着くのだが思いがけない知らせを受け取ることになる…

一見してあぁイギリス映画と思わせるシーンの連続です。広々とした田園風景、格式ある屋敷、上流階級たちの集まり… 絵画を見ているかのような場面が続く中、ひっそり且つ大胆に忍び逢う二人。

そもそもイギリス郊外やお屋敷の調度品など全ての映像が美しいのですが、このラブシーンの後一人ジェーンが一糸纏わぬ姿でお屋敷内を歩き回る場面も印象的。最初はおずおずと、やがて大胆に動き回り、キッチンでは手づかみでパイを食べビールまで飲んでしまう。ジェーンの中にある女性のしたたかさ、太々しさが見えるようです(あまりの堂々とした所業に誰か帰ってくるんじゃ?と先回りして無駄にハラハラしてしまったくらい)

この日の「悲報」の後、屋敷を出て書店の店員から小説家へと転身していくジェーン。映画ではメイドをしていた彼女と小説家として暮らす彼女が交互に映し出されます(ついでに80年代も)。広い邸宅での勤めの中でも彼女の記憶にはいつでも「本」があり、書物への憧れが遂には小説家としての仕事を選ばせるのでしょう。そしてそれを後押ししたのがポールとの思い出だったように思われます。

「メイドから小説家」と聞くと現実離れした印象がありますが、時代背景的にはそうでもなさそうです。

1920年代のイギリスでは、第一次大戦の経済的損失は上流階級にも重くのしかかったらしく、抱える家事使用人への経費も限られ、結果として自由も給料も少ないメイド職は敬遠されたそう。これに代わって店員や事務職を目指し必要な読み書きやタイピングスキルを身につけ、中流階級の仲間入りを果たそうとする一定層がいたようです。なので、1940年代に入り書店の店員から小説家になったジェーンは、当時の選挙権獲得を経て徐々に社会進出する女性の姿を表していると言えるでしょう。

見事な脱ぎっぷりのオデッサ・ヤングも印象深いのですが、脇を固めるコリン・ファースオリヴィア・コールマンも哀しさや辛さを静かに表していてとても良いです。評価の高かった原作も読んでみたくなりました。

 

再びの日光で世界遺産に触れてきました

日光は先月行ったばかり。しかし当日予想外の寒さと既に終わり近かった紅葉だったことから改めて行く事に。朝4:00起きは久しぶり。気合い入れて早起きした甲斐あってとても良い天気の1日でした。

バスを乗り継いで奥日光まで行った前回と違って、今日は駅からのんびりと徒歩で。

日光は子供たちも連れて少なくとも3回くらいはいっているのですが、実は東照宮しか殆ど記憶に無いのです。世界遺産なのに勿体無い…という事で「敢えて」東照宮以外の社寺をお参りすることにしました。

今回は紅葉撮影しか興味がない夫と二人、途中別行動を取りつつ幾つかお参りすることができました。

東武日光駅から20分ほど歩くと神橋が見えてきます。

今まで遠目に見て写真を撮るだけだったのですが、今日は参拝してきました。

写真には入っていませんが、外国人観光客の多い事。コロナなんかもうどこかに行ってしまったかのような…賑やかに橋を渡ってらっしゃいました。

日光は社寺と建造物が離れていることが多いので勉強不足の私は帰る間際までマップとにらめっこでした。神橋も離れていますが、二荒山神社の建造物になりますね。

守り神の「橋姫神」は縁結びの神様とされ、良縁の鈴もある神橋。残念ながら一人でのお参りだったけど…夫婦円満でありますように!

近くにある太郎杉から見た紅葉も綺麗。

ここから輪王寺へ。夫の当初の目的はここの逍遥園のライトアップだったのですが、宝仏殿と合わせて午前中に紅葉は堪能したらしい(笑)スマホのバッテリーが限界だった為写せなかったのですが、昼間でも綺麗な紅葉でした。。

本堂三仏堂。千手観音、阿弥陀如来馬頭観音の三体のご本尊が祀られています。高さ7.5mの大仏様は迫力でした。又特設として9年に1度の鎮将夜叉尊のご開帳も。約5cmの白木のご仏像を拝観することができます。

写真:日光山輪王寺

三仏堂の御朱印です。

三仏堂のお隣の護摩堂。護摩焚きをされる為、木造ではなく鉄筋コンクリートである、と説明されていました。

 

ここから少し離れた大猷院に向かいます。途中にある常行堂へ。こちらの御朱印梵字一文字書かれています。ネットで調べた範囲ですが、千手観音を意味しているのでは、ということです。

 

 

大猷院です。徳川家光公の廟所。入口仁王門から拝殿、本殿と黒と金を基調とした立派な建築が続きます。

本殿内部には金彩がたくさん施されています。その装飾技術や金の多さから「金閣殿」とも言われているそう。天井には2体対となった龍の絵、屏風には狩野探幽の描いた唐獅子(こちら、一度も修復なしで保存されているそうです)など内装は金が基本。

天井中央部から吊り下げられた天蓋も金色!天蓋の真下は当時の将軍しか座れない場所であったことから現在は「パワースポット」とされているとの事で、順番に真下に立たせていただきました(笑)

写真:日光山輪王寺

大猷院の御朱印。書置きをいただきました。

ここから最後に二荒山神社へ。

ここでも外国の観光客で賑やかでした。休日でしたしね。中ではいろいろとお参りできるようになっていて外国の方にも楽しめるようになっていたのでは。

こちらは御朱印帳に描いていただけました。

今回初めて気づいたのですがお賽銭もPayPayで払えるようになってるんですね。こんなところにもキャッシュレス化の波が!

最後にカフェで一息。ライトアップを見ずに予定を切り上げた事もあって、参拝できていない所もまだあったので、又ゆっくりきてみたいと思います。





 

 

結婚記念日でした

11月3日は25年目の結婚記念日でした。

当時だいたい11月頃に結婚しようという事だったけれど、「文化の日」にすれば多分忘れることは無いだろうという何か意味のあるようで無さそうな理由でした。

一ヶ月送らせてクリスマスにする、という案も無くはなかったのですが、多分ゲストが大迷惑するであろう事から却下したと思います。

二人の娘も無事成人。いつまでも親離れしないのは問題ではありますが、まぁまぁ素直な良い子たちに育ってくれたな、と思っています。

しかしいい年齢になっても彼氏ができる素振りも無く親としては少々気がかりなのですが、更に気になることを言うようになり…

どうも本人たち周辺では付き合って一緒に住むようになるのはごく普通になってきているのだとか。

えー、そんな同棲してる子たくさんいるの!?昭和世代の自分からすれば驚きなんだけど。ワタシの頭が古すぎるのか…

次女曰く「一緒に住んでみないとお互いよくわからないから」いや、一緒に暮らしたってわからないものはわからないんだけど。20年以上経っても未だにわからんかったりするのだよ。

「だから結婚前に少しでもわかったほうがリスクは減るでしょ」

ん…あくまで結婚前提ならギリわからなくもないが。確認の為次女よりは多少しっかりしている長女に聞いたところ、「先輩とか一緒に住んでる人たちは多いね。自分も結婚するなら事前に一緒に住んでおきたい」との事。

はぁ、自分の知らないところで一般常識化しているのですかね。

何だかモヤモヤしているとこんな記事も目に入り…

カップルのホンネ通信|ゼクシィ

zexy.net3人に2人が同棲してから結婚!相手理解、節約&結婚式準備にメリット大!

出典:ゼクシィ

実に7割のカップルが同棲してから同棲をしてから結婚しているのだとか。彼宅に同居したり新居に住んでしまったりとスタイルは様々。同棲の理由としては、長く一緒にいたいという至極ロマンチックな回答が最多になっていますが、「結婚前に相手の事をより理解しておきたい」というのが本音では、と思われます。

結婚が前提だからか、半数は親も賛成しているらしい。

結局は大人同士がやる事なのでいちいち親が口を挟む事もないのでしょうが、記事にあるように具体的に結婚が決まってからでないと、ずるずると暮らすだけで終わってしまうんじゃないか、と思ったりもします。

そういえば昔いたドイツでも当たり前のように学生カップルも一緒に住んでいたなぁ。彼らの場合経済的な理由も大きかったけど。結婚前に同棲するのは当然と彼らも言ってたっけ。その割に離婚率高かったんですけどね。

「反対する理由が全然わからない」と憤慨していた娘。まぁ意見としては聞いておくから、とりあえず先に彼氏を見つけようね。