社会派「シカゴ7裁判」はエンタメとしても傑作

物凄く久しぶりにネトフリを開いて。リストに入れたままだった一本を。大好きなエディ・レッドメインジョセフ・ゴードン=レヴィットが出ているので。

「シカゴ7裁判」

画像1

画像引用:映画.com

舞台は1968年米国シカゴ。大統領選を前にした民主党全国大会付近で「あくまで平和的に行う筈だったベトナム反戦デモが激化、警察との衝突に至った事から首謀者として7名がデモの翌年逮捕・起訴される事に。本作は当時その裁判がいかに不正に行われていたのかを描いたもので、実話が基になっています。

共和党ニクソン政権下の裁判で判事・検事側共に政府寄り。被告人に「非ありき」で裁判を進め、弁護側に不利な展開になるよう不当な対応を見せます。

1960年代という事でベトナム反戦運動や黒人問題が色濃く反映されています。当初は本件と全く無関係だった黒人活動家まで逮捕。「黒人も首謀者の一人」というストーリーにしたかった検察側の意図がうかがわれます。デモの鎮圧を名目に、過剰な暴力で攻撃する警察の姿もあり、まさに平和運動家たちと体制側との戦いが縮図化されているよう。

元々2004年頃からスピルバーグ監督で企画されていたそうですが、紆余曲折の結果2020年ネットフリックス出資・配信に。

本作は2020年大統領選にあわせた形で公開されています。上記の通り民主党側の運動によって(当時の)共和党体制の不正が暴かれ明らかにされるという構図から、「トランプ再選を阻止する追い風にしたい」とする制作側のメッセージは明らか。ハリウッドの映画人の多くが民主党寄りである事は有名ですから。2020年当時はBLM問題に関連し警察が批判されていた事もあったので、この点も含めると本作のインパクトは大きいでしょう。こういう使われ方、あまり好きではないんですけどね…

しかしそういう政治的な意図やスタンスと離れて「映画」としてみても本作はかなり面白いです。アクションも恋愛もコメディ要素もない、いわば「政治一色」の映画ですが最後まで飽きる事なく観られるのはストーリーの面白さと役者陣の「必要以上は出さない抑えた演技」ではないかな、と思っています。

主演のレッドメイン、反体制の活動家って「レ・ミゼラブル」を彷彿とさせました。こういう生真面目な役似合ってますね(完全に贔屓目です)。

主任検事役のジョセフ・ゴードン=レヴィットも、明らかに判事や上司の意図に不服でありつつ検事としての仕事をこなす人間を淡々と演じていましたし、弁の立つ活動家のサシャ・バロン・コーエンも良かった。

実話、という事で各登場人物のその後をググってみるとその後の人生は明暗分けたようです。政治家になって女優と結婚もした人。実業家で成功したけど事故で亡くなった人。政治運動が下火になった頃燃え尽きたように自殺した人もいれば本作公開の時も健在な人もいたり。彼らの誰もが影響を受けた事件だったことは間違いないのでしょう。

 

 

舞台劇のような会話が楽しめる「マリッジ・ストーリー」で長台詞に込めた俳優陣の熱演を観る

先週「ジェラシック・ワールド」で観たローラ・ダーン

minonoblog.hatenablog.com

若い時も可愛くて綺麗だったけどもうベテランの貫禄が出て良い歳の取り方をしているな、と思います。上記の記事でも触れた「マリッジ・ストーリー」はネトフリオリジナル映画で(2019年公開)、女優の妻(スカーレット・ヨハンソン)と演出家の夫(アダム・ドライバー)の離婚へ向かう様子を丁寧に辿った作品で、本作でローラ・ダーンは妻側の敏腕弁護士の役を演じていました。

画像1

画像引用:映画.com

気持ちのすれ違いからお互い離婚を決意し円満に別れる事を望むものの、ちょっとした事から弁護士を立てて争う事に。自分のクライアントが「勝つ」為に有利に裁判が進むよう相手の粗探しを綿密に行う両弁護士。直接会話するのもままならない中、夫婦間は(ただでもギクシャクしていたのに)更に拗れて円満どころか弁護士に煽られるかのように泥沼の展開に。

女優と舞台演出家の夫婦として子供にも恵まれNYに居住している二人は傍目には「成功したカップル」しかし日常の相手の言動が弁護士という第三者にネガティブに解釈され焚きつけられる内に、小さな綻びが段々と憎しみを交えた大きな感情に変わって行きます。

映画全体は場面をスイッチしながら会話を中心に進んで行くので、(舞台演出家と女優という設定もあって)舞台劇を見ているような感覚。ブチギレる夫婦二人の会話が多分本作のクライマックスなんだろうな、と思う一方で個人的に印象に残ったのは前述のローラ・ダーン演じる弁護士の台詞。

それは離婚調停を控え妻と調停での応答をロール・プレイで練習する場面。酒を口にしたり決して完璧な母ではない、と正直に答えようとする妻(ヨハンソン)に対し、弁護士の彼女は徹底してダメ出しします。

世間はダメな父親には結構甘い。でもダメな母親というものは社会的にも精神的にも許されない。これは聖母マリア処女懐胎した時以来揺るがない思想で、常に完璧な母像が求められているのが現実。全く馬鹿馬鹿しいけれど受け入れて良い母親を演じなさい。

ざっくり要約すればこうなりますがこれが結構に長い台詞で、ヨハンソン相手に熱弁するローラ・ダーン、迫力でした。助演女優賞、納得しかないです。

お話としては結局のところ離婚するのですが、前述の言い争いだけでなく日常に交わす会話や細かい描写がすくい取られていて、離婚に至ったとはいえお互いよく見ていた夫婦であった事が垣間見え、だからこそそれでも離婚してしまう大人の事情が切ないです。

妻は離婚後女優ではなく「監督」として成功をおさめる、というくだりがあるのは、「もう日常でも仕事でも「演じる」のはイヤなの」という彼女の意思の表れなのか。

一方離婚決定後、同僚たちとの飲み会で夫はミュージカルの一曲を演者さながらに即興で歌う場面があります。こちらは「夫」を演じきった、という事なのでしょうか(アダム・ドライバーの歌が素晴らしいです)。

アメリカンの離婚らしく認められた親権に則り、二人の間で行き来する子供。その子供の為仕事の拠点を変え引っ越す父親。親も子供も味わう大変さもいたわりもきちんと捉えているストーリーに好感が持てた作品です。

ひらまぎんざのサンバパレードで、商店街の活気を考える

大学生の娘はブラジル音楽系のサークルに入っています。その繋がりで今日はこんなイベントに参加していたのでちょこっと行ってきました。

 

引用:商店街に行こう!in かながわ 

この平間銀座商店街のサンバパレードは毎年恒例だったようですね。3年ぶりに復活という事らしいです。

「ローカルの商店街のお祭り」で楽器持つ、くらいしか聞いていなかったのですが、これが結構面白かったのです。

16:00開始のパレード。始まる少し前に平間駅に着くともう人の流れができていて、浴衣姿の女の子達もちらほら。

スタート付近で待機していると、STAFFのゼッケンをつけた方々が警察と共に沿道の整備に。えーこんな狭い所でやるのかぁ…と思っていたら、みるみる人が続々集まって気がついたら背の低い私は埋れた状態に。

華やかな衣装のダンサーさん達を先頭にスタンバイにつき、一応我が子の存在を確認できたところで、豪快な音と共にいよいよパレードがスタート。

普通の商店街でそれも割と狭い道をサンバチームが音楽に合わせて進んで行きます。沿道側は人でびっしりなのにそこを自転車で割り込んでくる猛者もいたけれど、多分地元民は慣れているのでしょう。特にトラブルもなくパレードは続きます。

沿道には車椅子で見物されている高齢の方も。きっと久しぶりの賑やかなお祭り、楽しみにされていたんでしょうね。子供達やおじいさん、おばあさんに笑顔で応えるダンサーさん達。小さな子にスティックを持たせてドラムを叩かせてあげているチームメンバーもいました。

中国道のような大きな道路をわたるのですが、それも皆んな(少なくとも私が見えている限りでは)問題なく進んで約40分ほどのパレードは終了しました。15:00から2回目が始まる、との事でしたが私はここで退散。

帰りに改めて商店街を通ると今ではあまり見られない古くて大きな酒屋さんなど、商店街ならではのお店が健在。コンビニやハンバーガー屋もありますが昔ながらのお店も元気なのがわかります。

実家近くでは商店街や駅前で大方閉店して今では「シャッター通り」に。昔の活気を知っているだけに残念だけど諸々の事情から復興はほぼ無理。それを考えると平間の商店街さんの日頃の努力が伺えます。今日のイベントもその成果の一つでしょう。

汗かきかき楽器鳴らしていたウチの子も、そんな地元イベントに少しは貢献できたのかな、と思うとちょっと誇らしいような気がします。

(撮った写真は親目線且つよそ様のお顔も隠しきれず敢え無く使用不可でした。残念)

ネットでお馴染みの成田悠輔先生の本を読んで改めて民主主義のお勉強

今、人気の方です。YouTubeでたまたま見かけて以来、そのイケボと反比例するような歯に衣着せぬ言動がインパクトありすぎて最近TLにほぼ毎日上がってきています。

しかし本著は私ではなく、夫が買ってきたもの。私がよく著者の名前を口にしたからかも。

「22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」成田悠輔著 

 

22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる(SB新書)

画像引用:honto.jp

日頃ネットで著者が言っていることをまとめたものなので、今更驚く事でもないのですが文字でみると結構エゲツない(笑)。

高齢化の社会において、マイノリティーである若者がいくら選挙に行っても世の中は変わらない。所詮、マジョリティーである老人の好むメッセージや政策が支持されるのだから。結局のところ実質的に社会にコミットしていない高齢者に(若い人と同様に)投票権があるのはどうなのか…

あぁそれは言っちゃっていいのか。でも言っていけないと思われることは、世の中大半の人が口に出さないだけで密かに頷かれ論理的に正しい事が多かったりします。

YouTubeの番組でも「高齢者は老害になる前に集団切腹を」など過激なコメントが目を奪われがちですが、要は70代、場合によっては80代になっても要職に就く経済界や政界、そしてそれを(内心そうは思っていなくても)ごく当たり前のように受け入れるむしろ周りの人間に問題があるから、真の世代交代ができないという問題が起きている現状に一石を投じているのです。

限りなくシニアに近い(既にシニアかな)の自分からすると耳の痛い話題ではあるけれど、一定年齢が過ぎると気力、体力ともに衰えるのは否定できないところ。私のようなさしてスキルのない一事務員は無理だけれど、知恵と経験のあるシニアなら一線を退いた後でもアドバイザーとしてその知識を活かせるのでは、と思うのですがそれほどうまくはいかないのでしょう。

さて、本著は高齢化というよりタイトルにあるように民主主義のあり方がメインテーマ。

市場競争を促進して富を繁栄させる資本主義と、自由で公正な選挙を元に選ばれた人や政策で政治が行われる民主主義。近代国家の柱はその両方である筈なのに今や民主主義は機能していないばかりか、両輪の片方である資本主義の足を引っ張る形となっている。

著者はデータ分析を基に様々研究するのが専門なので、以上の事も勿論データを見た上での著者の意見。

と言っても批判ばかりではありません。最後にはそのデータを更に明確化、細分化する事で、選挙よりももっと本当の「民意」を反映させた政治ができるのでは、と「選挙をしない民主主義政治」まで提案しています。

数字のみを追った極論ばかりのようで、問題の核をついていると思えます。なかなか面白い本でした。伊達に変なメガネをかけた先生ではないですね。多分当分は成田ブームは続きそうなので関心のある方は一度YouTubeで彼の毒舌を楽しんで見てください。

365日、1日1ページ読むだけで本当に教養は身につくのか、試しに読んでみました

これ一冊読むと教養が身につけられます。。。ってそんなに簡単に身につかないのが教養ではと思いつつ、凡人の私でも手っ取り早く識者になれるかも…と手をのばしてみました。ユニークな一冊です。Audibleで。

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」ディヴィッド・S・キダー(著)、ノア・D・オッペンハイム(著)、小林朋則(訳)

 

[デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則]の1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

画像引用:Amazon.co.jp

歴史、文学、芸術と、7つの分野を曜日ごとに分けて毎日一つずつ各分野からトピックを取り上げて解説するもの。

(月)歴史・(火)文学・(水)芸術・(木)科学・(金)音楽・(土)哲学・(日)宗教

学校の授業みたいですね。それぞれ1ページにまとめられて約5分ほどで読めるようになっていて、各ページには「豆知識」と称したちょっとしたトリビア的情報も。

Audibleなのですぐに読み終わるかな、と思った割には結構時間かかっています。まだ読み終わっていません。日めくりカレンダーではないですが、1ページずつなら1年ですものね。分量はあっても、分野が次々と変わるので良い意味で切り替えられて飽きずに読み進められます。

「世界の」とありますが、音楽、歴史など全般的にヨーロッパが中心となっている印象。宗教に至るまで網羅するにはそれも仕方ないかな、とは思います。

私のようなさほど知識のない者にとっては、広く浅く物事が知れて、且つ興味を持つ「きっかけ」になってくれるのが良いところ。ここから更に深く学ぶという可能性も出てくるのですから。

知っているつもりでも案外と知らなかったり、ちょっと勘違いしたままで思い込んでいたり、と今更ヒトに聞けない「常識」も教えてくれる本著。

読み進めていくうちに、これも知らなかった、あれもわかっていなかった、と気づかされつつ、知識を増やすのは大事である一方で、それでも世の中には知らないことはたくさんあって、死ぬまでに知る事ができる事なんて実はほんの僅かなのかもしれないな、と思ってみたりします。

なので何かを知るたびに教養が身につくのではなく、知識が一つ増えるごとにそれでも相変わらず未知の世界はあるのだということを謙虚に受け止める事が教養ではないか、と思います。

こういうコンパクトな「教養本」は知識欲を満たしてくれて、ちょっと賢くなったよね、と嬉しい勘違いをさせてくれるのも事実。

読み終わっても偉くなった訳ではないのだぞ、と今から心に留めておきましょう。まだ先は長くなりそうだけど。

大人も、いや大人の方がコウペンちゃんで癒されたいと思っている件

昨日午前中に映画を見た後、次女とこんなイベントへ。何だか忙しい日曜日でした。

コウペンちゃん 花丸まんてん星展 @池袋PARCO7F

(注:今日8/1までのイベントだったようです)

夏休みだし小学生や幼稚園の子どもたちがいっぱいなんだろうな、と思っていたら意外に大人の方達がそれもかなりたくさんいらしてました。

↓ 可愛いお出迎え。

娘は大のコウペンちゃん好き。大学生ですがいつまでたっても幼稚園生みたいな子で、確か大学受験のお守り代りにもコウペンちゃんのマスコット持ち歩いてたくらい。なので20代でこれくらいコウペンマニアはウチの子くらいだと思っていたけれど違うんですね。

それほど大きくない展示会場はいくつかコーナーに分けられており、壁にはコウペンちゃんのイラストと例のとにかく褒めちぎってくれるメッセージがぎっしり。

コウペンちゃんは、「頑張り」を肯定してくれるコウテイペンギンの赤ちゃん。イラストレーターのるるてあ氏がTwitterに載せた事がきっかけで、最初のコウペンちゃん投稿は「出勤してえらい!」だったそう。そこから反響が大きかった「出勤系」の投稿が続いて人気になったみたいですね。

「電車に乗ってえらい!」「出勤してえらい!」「職場に着けただけで満点!」などなど。「月曜日は朝起きれただけではなまる」みたいなのもあったなぁ。

コウペンちゃんにはファミリーというか仲間たちがいるらしく、ちょっと毒のあるキャラクターもあってそれも面白いところ。その毒に対しても徹底して褒め続けるコウペンちゃん。癒しです。

子ども向けのキャラクターと思っていたけれど、こうして無条件に肯定されるのは本当は大人の方が欲している事なのかも。自己肯定が難しい人(自分含む)が多い中、手放しで受け止め且つ応援してくれるマスコット、愛されない訳ありません。

ちなみにたくさんのパターンのコウペンちゃんがいるのですが、これはみんな「コウペンちゃん」。いっぱいそしてどこにでもいるのがコンセプトらしいです。なので誰もが自分のコウペンに出会える(ディズニーに行かないと会えないというモノではない)。メッセージにも「きみが」や「きみの」が多く含まれていて「いつでもあなたのそばにいる」というイメージを持たせているのです。

尚、ウチの子は親も呆れる自己肯定感の高い人間なのでコウペンちゃんの励ましはどれだけ心に響いているのかわかりません。むしろついていった親の方が癒されたかも。

こちらは受験期にあげたブタさんコウペン。「疲れ吹きとブー」ですよ(笑)。

その前にあげた「頑張ってるのいつも見てるよ」メッセージの方は落として何処かに無くしてしまったらしい。ごめんね、コウペンちゃん。

今日も一日お疲れ様。頑張った皆さんにコウペンちゃんのはなまる届きますように。

「ジェラシック・ワールド 新たなる支配者」繁殖する恐竜との共存って。。

ありがたい夫婦50割で。夫の好みに合わせた選択でしたが、結果としては◯。ハリウッド映画らしい迫力でした。

画像1

画像引用:映画.com

実はきちんとシリーズを観ていなかった私。こういうシリーズ物は伏線回収があちこち出てくる筈なので予習しておけばよかったのですが時間の都合で予備知識なく観ることに。ストーリー関係なく楽しめる部分も多いのでアクション+パニック映画としては十分に面白いです。自然の中を怪獣と馬が走るのは壮大な眺め。そしてこれでもかと思うくらい登場する主役の怪獣。CGも凄いでしょうがお金かかってますね。

でも細部はやっぱり前作、前々作の知識があった方がよかったかな、と思うところも。

例えば「クローン」の女の子が出てくるのですが(多分前作からの続きでしょう)、「フツウの人間じゃない」的な事を言っていたので「え、恐竜と人間のクローンか?」と前作からの経緯がわからないのでそこらあたり最終的に説明されるまでただ自分の勘違いなのか、と少々不安に。

そう言う背景に疎いままではあったけれど、単純に楽しめるのもこういう映画の良いところ。

恐竜以外にもバイオ系企業が遺伝子操作で大量発生させた巨大イナゴも登場します。ある意味恐竜よりインパクトあったかも。虫嫌いな人には少々キツいかな。自分はギリ大丈夫でした。

記憶ではちゃんと観たのは第1作だったので、今回初代キャストが出るという事も楽しみの一つ。

ローラ・ダーンはもうベテランの女優さん。特に意識していなくても脇役でいい場面に出てきたりしてますね。少し前に観た「マリッジ・ストーリー」のキレ者弁護士役はカッコ良かった。今作も頭脳明晰な博士で賢いだけでなく、オリジナル同様走る+戦う!私と殆ど変わらない年齢なのにこのタフさ。サンドラ・ブロックもそうですが、アメリカの女優陣、いつまでもパワフルなのは羨ましい。。

他にもジェフ・ゴールドブラム(未だに「ザ・フライ」の印象が消えない)やサム・ニールも出ていてオリジナルを思い出しながら観るという楽しみ方も。

科学と自然、人間と恐竜の共存が命題と思われる本作、シリーズを通して観ているコアファンはどう観ているか。イナゴも恐竜も人間のエゴで増殖させてしまったもの。未来に希望のあるラストに良いのだけど、「終わりよければ」みたいな人間に都合の良い形と言えなくもないな、とコアファンでない自分は少し斜めにみてしまいました。

いろいろ思うところもあるのでやっぱり「シリーズ振り返り」はしてみようかな。。