「蜘蛛巣城」文句なしに迫力あるラストシーン

三船敏郎、カッコいいですね。過去にいろいろ観たけれどまだ観ていない本作を観たいが為にアマプラで東宝名画座チャンネルに登録(すぐ解約)した私。そんな訳でアマプラで。

蜘蛛巣城

https://m.media-amazon.com/images/I/41K37B7QZ9L._AC_.jpg

Amazon.co.jp

謀反を起こした敵を討ち城主の危機を救った武時(三船敏郎)と義明(千秋実)は、帰城途中に出会った老婆からやがて城主となる予言を聞く。一笑に伏すも予言の一部が君主より命じられた事を受け、妻の浅茅(山田五十鈴)から謀反をそそのかされ、結局君主を殺害してしまう。

シェークスピアマクベスを下敷きに黒澤監督が書き上げたストーリー。しかし原案にある出世欲や嫉妬や疑心暗鬼などの感情は抑えられ、「殺られる前に殺らねば」という戦国時代の心情が前面に出たが故の悲劇のような物語になっている印象があります。

刀や槍を使った激しい立ち回りと、それと対極にあるような静かな舞を用いた演出。そして怪しげな「お告げ」を伝える老婆の出現など、静と動が混在したモノクロの画面に気味悪い雰囲気が十分に伝わってきます。

懐妊するも流産し且つ自分がそそのかした君主殺しへの罪の意識か、精神がおかしくなっていく浅茅のシーンは特筆すべき場面でしょう。

でも何と言ってもラストシーンはあまりにも有名(正直これが目当ての鑑賞でした)。本番では大学から弓道部の学生を呼んで実際に弓を放ってもらい、それを横から撮ってあたかも武時を狙ったように編集したらしいですが、それにしても凄く迫力ある場面。あまりの怖さに撮影後三船氏が文句を言っていた事は、多くの記事で目にします。リアルな迫力を追求する黒澤監督ならではの撮影という事でしょうか。確かに一見の価値はあります。

三船敏郎の時代劇と言えば、「椿三十郎」や「用心棒」など有名作品は多々ありますが、幼少時期の自分のリアルタイムとしては映画よりもTVドラマに出ていた人のイメージ。その頃祖父がチャンネル権を持っていたので、ほぼ毎日のゴールデンタイムは時代劇を観るのが当たり前で、そんな中で素浪人物で出ていたんですね。

https://m.media-amazon.com/images/I/51bMjl-eF1L._AC_.jpg

Amazon.co.jp

「セカイのミフネ」もいいけど、お茶の間の「峠の旦那」の方が親しみやすくて。当時ごく稀にバラエティーに出演されて、坂上二郎さんのフリに苦笑いしながらボソボソコメントしていた三船敏郎、懐かしいです。あぁ、DVD買おうかな!

 

「花束みたいな恋をした」偶然の出会いから別れまでの軌跡

少し前にヒットした映画。本屋さんでも関連書籍が平積みされていた時期がありました。好き嫌いは別にして観ると色々語りたくなる作品。ネットに溢れる感想・解説を読むのも楽しかったです。

「花束みたいな恋をした」

https://eiga.k-img.com/images/movie/92102/photo/ca2c62c2a44dfba8/640.jpg?1597654363

映画.com

東京京王線明大前駅で終電に乗り遅れた山根麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。共に大学4年生の二人は、映画や本など好きなものが殆ど同じであっという間に恋人同士になり、定職につかずアルバイトのまま同棲をスタート。やがて麦の親からの仕送りが途絶え金銭面を考えた二人は、現状の生活を維持すべく就職活動を始めるが…

偶然に出会った若い二人の約5年間の暮らしと心の動きを、丁寧に(出来る限り公平に)双方の視点から描いた作品。

本作で主に触れられ二人が意気投合するきっかけとなったポップカルチャー。小説や映画など、「メジャーではないものの知る人ぞ知るアート」をこよなく愛する二人は、同じアンテナを持つ相手に「運命」を感じてしまうんですね。

しかし就職した先で社畜のように残業続きの生活を送り、そんな趣味に時間を費やす余裕もなくなる麦。一方あくまで好きな事を優先したい絹は、一旦就いた事務職を手放し「面白そうだから」という理由でイベントの企画会社に転職します。

価値観を共有していたと思っていた二人の生活にほろほろと綻びが見え始める頃。

就職で生活ペースが異なる事によるすれ違い… しかし根本的な違いは既にあったかも。

絹の両親は広告代理店に勤めそこそこに裕福で、且つ娘が朝帰りをしようと特に責める風でもなく、都会的でオープンな家庭。

これに対し麦の父は地方(長岡の花火の話をしていたから多分新潟)で詳細は定かではないけれど地道に勤めているであろう朴訥とした男性で、堅実な家庭であることが想像できます。

元々東京で生まれ育った絹は、たとえ仕事で失敗したところで何れにせよ東京から離れることなど頭にはなく(簡単に言ってしまえば何とかなると考えられる気楽さが、無意識に実家の存在を物語っている)、仕送りが絶たれ仮に仕事で失敗すればもう東京に住む理由がなくなる麦とは、完璧に仕事に対する覚悟が違うのです。

「仕事(正社員という意味で)に就きなさい」とくどくど説く絹の母親は、そんな絹の「甘さ」を見抜いているからでしょう。そんな事言われなくとも麦は十分自覚しているでしょうから。

生活とはすべからくお金が必要となるもの。しかしこの先どんな事があっても「絹との生活」を第一に考えたかった麦。これに対し絹はあくまで「同じアンテナを共有できる生活」を送りたかったわけで、それができないなら意味が無いのです。

これは男女の違いというよりバックボーンの違いと言えばいいのでしょうか。

「ねぇねぇみんな知らないこんな素敵な事知ってる私たちって凄くない?」と盛り上がっている間は、それこそ花束みたいにキラキラしているんですけどもね。好きなものが同じだからとて相手をわかっているとは限らない。「趣味=人格」とはなり得ない訳ですから。でもそんな勘違いをさせてくれるのが恋たる所以なんでしょうけれど。

 

「スイートホーム」山手住宅地洋菓子店の甘いホームドラマ

腰痛(ギックリ腰という奴みたいです)で室内でも匍匐前進移動しています。あぁ辛い…しかし腰以外は元気なので、寝床で本とアマプラとDuolingoだけが友達。こちらは久しぶりの図書館で借りた文庫本。返却遅れるなぁ…

「スイートホーム」 原田マハ 著

https://m.media-amazon.com/images/I/61Ee7-nMgKL._SY522_.jpg

Amazon.co.jp

阪急沿線山手の住宅地。元宝塚のホテルでパディシエをしていた父親が自宅を改造して作った小さな洋菓子店「スイートホーム」。静かで寡黙だが丁寧な仕事と対応の父親、自称「看板娘」の母親、引っ込み思案だが優しい長女、明るく物怖じしない性格の次女の家族四人がいる香田家が営むスイートホームは、「スイホ」の愛称で街でも評判の洋菓子店。色とりどりで美味しいお菓子もさることながら、親子の人柄が表れるその接客も人気の所以であった。

阪急沿線の宝塚。その住宅街に構える家族経営の小さなケーキ屋さんが舞台。関西人ですから読んでいるだけでどれくらいお洒落で上品な住宅地か想像できます。しかもマンションなどではなく戸建住民が集うというのですから、これはちょっとクラスの上の人たちが登場するんだな、という印象。ちなみに本作に出てくる「スーパーオアシス」は阪急沿線に実際あるチェーン店で、馬鹿高くは無いものの何となく「マダムがお手頃値段でお買い物する所」というイメージでしょうか。

そんなところが舞台なのでどことなく現実味が薄いのも否めません。誰もが屈折したところのない優しく品のある人々。少し前のホームドラマのような雰囲気なんですね。舞台が洋菓子屋さんだからこれくらいふわっと甘いお話があっているのかもしれませんが。

どこかで「ひねり」がくるかなと待っていたけれど、最後まで直球正統派のホームドラマで攻めて来られた感じ。

結婚してすぐに山手に家を建てられたり、将来二世帯を見込んで庭付き暖炉付きの家にしたり…もうお話の内容が頭に入るよりその豪華さが羨ましくて仕方ありませんでした。

しかし母校が登場したり、偶然にもウチの娘たちの名前が登場したり(読み方は違うようでしたが)、親近感を覚えたのも事実。宝塚住宅地の洋菓子店で常連になるのは憧れのままですけれど。

「浮き雲」悪い事ばかりは続かないよと思いたい

再びカウリスマキ監督作品。これもアマプラで。

「浮き雲」

https://eiga.k-img.com/images/movie/5105/photo/df98ba7b714b9e53/640.jpg?1695890068

映画.com

路面電車の運転手ラウリと古いレストランの給仕長イロナは、ローンを抱えて貧しいながらも犬と共に仲良く暮らす夫婦。不況のあおりを受けて突然解雇されたラウリ同様に、経営不振でオーナーが変わったレストランから解雇となったイロナ、二人揃って職探しを始めるが思うようにはすすまず…

前回観たのははこちら。

minonoblog.hatenablog.com

相変わらずセリフの少ない登場人物たち。それでも主役である夫婦が、言葉少ないながらお互いに気遣い労わりあって暮らしているのがわかり、導入からとても微笑ましく感じられます。

仕事帰りに夫の運転するバスに乗り込み運転席の後ろからそっとキスする妻(夫は憮然と前を向いたまま運転続行)。帰宅した妻を目隠し買ったばかりのTVを見せてビックリさせてやろうとする夫(ローンが増えるだけで全く嬉しそうではない妻ではあるけれど)。何だかチグハグなようでどことなくしっくりいっている、この夫婦に対する印象は映画全体に感じるものでもあります。

登場人物にホッとする感覚はその言動からくるだけでなく色使いからも。前回観た「マッチ工場の少女」ではモノトーンを思わせる雰囲気でしたが(それだけに主人公の女性が選んだドレスが際立った)、今回妻のコートが赤(愛用してます)、路面電車がブルーと、全体的に抑えたトーンながらも重暗い印象にならないのは、ところどころにあるこの「プチカラフルさ」も手伝っているのかなと思います。

とは言え、無表情でとぼけたようなやり取りが、やはり一番の面白さなのでは。職探しで忙しい筈なのに、クロスワードに熱中する夫に答えを求められて(仏頂面ではあるけれど)教えてあげたり、車を売って作ったなけなしのお金をギャンブルでパーにしてしまった夫に黙って寄り添ったり。今回もカウリスマキ監督作品常連のカティ・オウティネンが妻役でいい味出してます。

人間ってダメな時は不思議とダメな事が続いてしまうもの。しかもそんな時ほど自ら悪い方向へ行ってしまう時も。もう「笑うしかないよね」と言いたくなる場面を無表情で演じている彼らを観て、こちらが思わず笑ってしまう、というところでしょうか。

夫婦の日常に(説明は無いけれど恐らくは)亡くなった息子の存在があったり、元レストランオーナーや元同僚たちの助けがあったり、と本作は「人との繋がり」のようなものを彷彿とさせ、ちょっと人情ドラマ的な要素も。少しブラックだった「マッチ工場…」と比べると、ほっこりしたラストも後味良く観られた作品でした。

 

 

「マッチ工場の少女」シュールでブラックユーモアなカウリスマキ作品

観たかった「枯葉」を見逃してしまい、その代わりと言ったら何ですが同監督の作品をアマプラで。

「マッチ工場の少女」

https://eiga.k-img.com/images/movie/28668/photo/f0b5f173a96cd2e4/640.jpg?1695889748

映画.com

フィンランド。マッチ工場で働くイリス(カティ・オウティネン)は母と義父の3人暮らしで生計はイリスの稼ぎのみ。貧しく質素な衣装しかないイリスにはダンスホールに行っても声をかける男性はいない。ある日店先にあるドレスを目にしたイリスは、衝動的にもらったばかりの給料でドレスを購入するが、家に帰ると怒った義父に殴られ母親には返品してこいと言われる。腹立ち紛れにドレスを着たままディスコへ向かい声をかけてきた男と一夜を共に過ごし、後に妊娠している事がわかるが、男はただの遊びだったことを知る。

初のアキ・カウリスマキ監督作品。薄暗い石畳の街、どんよりした空、極力削ぎ落としたように少ない台詞とそれを補うような曲の数々(ポップスからクラシックまで)。一種独特の空気の中淡々と物語が進みます。

余計な説明はなくエッセンスだけが抜き出されているような展開。それでも自分の僅かな収入さえ自由にできない主人公が、日々の生活に抱える閉塞感は十分伝わってきます。

主演の女性(もう「少女」とは呼びづらい容貌なのだけれど)は本監督作品の常連女優だそう。決して美形とは言い難いのですが、不幸を絵に描いたような主人公の、鬱積した感情を言葉少なにその表情で物語っています。

無言の場面が多くとぼけた雰囲気を醸し出しているシーンもしばしば。ブラックコメディーのような結末で何とも不思議な「間」を感じる作品です。

本作は「労働者三部作」と称されるシリーズの一つだとか。「XX三部作」がいくつもあるカウリスマキですが、この独特の世界、他の作品でも是非観たくなりました。

 

 

「貴婦人Aの蘇生」古い洋館で剥製に囲まれた老女の世界を美しい文章で

気になると、同じ作家の作品が続く傾向に。今回は文庫本で。

「貴婦人Aの蘇生」 小川洋子 著

https://m.media-amazon.com/images/I/71QP0JiIbqL._AC_UL640_FMwebp_QL65_.jpg

Amazon.co.jp

動物の剥製を収集する趣味を持つ伯父が、ある日ホッキョクグマの剥製に頭を突っ込んだ状態で亡くなっているのを発見される。一人残されたユーリ伯母さんは広い洋館で伯父の遺した膨大な剥製の一つ一つに「A」の刺繍を施して暮らす日々。父親の急死で経済的にも困っていた大学生の「私」は、この叔母と同居し面倒を見る代わりに伯父の遺産から学費を出してもらう事に。静かなユーリ叔母さんとの暮らしに滅多に訪問者は無く、ただ「私」のボーイフレンドで強迫性障害を患うニコが訪れるだけだったが、やがて剥製売買のブローカーを裏家業とするフリーライターのオハラと名乗る男が現れ、彼との話の中でユーリ叔母さんは自分がロマノフ王朝最後の皇女アナスタシアである事を仄めかす。

ちょっと、いやかなり突飛なシチュエーションで、以前読んだ「猫を抱いて象と泳ぐ」が思い出されます。

minonoblog.hatenablog.com

例えば北極熊の剥製に頭を突っ込んで絶命していたり、脳溢血で死んだ父親も発見された時には頭の上から蔵書が落ちていて「本の生き埋め」状態だったり。

ボーイフレンドのニコは、その強迫性障害の為決まった儀式を行わないとどんな扉も入れないという人物。

そして叔母さんにいたっては、古い屋敷に溢れるほどある動物の剥製に片っ端から刺繍をしていく。

かなり奇妙な設定で、これを舞台で演じたら相当面白い事になるんじゃないか、と想像してしまい、その為か読み進めていても、この独特の世界観に入り込むというよりも、一歩離れてまるで舞台を客席から眺めるような感覚がありました。

本の帯に、「ロマノフ王朝の最後の生き残りなのか?」と投げかけられていますが、サスペンスの要素は全くありません。むしろその可能性はかなり黒に近いグレーのまま物語は終わってしまいます。

人物も状況もその設定だけ取り上げてみると奇天烈もしくは薄気味悪さが勝ちそうなのに、そうはならないのがこの作者ならでは、というところでしょうか。文章はあくまで硬質で静謐。それが作者独特の世界を作り上げているように思えます。

さて、文庫本はあとがきや解説などが巻末の「お楽しみ」。本作では、東大名誉教授の藤森照信氏による解説と女優の中嶋朋子氏のエッセイが。内容を客観的に分析した解説とは対照的に、熱のこもったエッセイが印象的です。あれ、同じシチュエーションの違う作品を読まれたのでは?と思うくらいの感想がしたためられており、さすがは女優さん、表現力豊かにご自分の世界を創られているなと思いました。

 

「黄色い家」貧しさと犯罪によって歯車が狂い出す少女たちの同居生活

いやー、何か凄いもの読んじゃった(聞いたちゃった)という感じでした。Audibleで。

「黄色い家」  川上未映子 著

https://m.media-amazon.com/images/I/71EH6FYaVwL._SY522_.jpg

Amazon.co.jp

2020年、総菜屋に勤める花はある日ニュースの記事に黄美子の名前を見つけ、60歳になった彼女が若い女性の監禁・傷害の罪で逮捕された事を知る。黄美子は20年前、花がまだ20歳前後の頃に同世代の少女たち二人と一緒に暮らしていた女性。最初はスナックで働いていた4人だったが、そこを火事で焼き出された後、金に困った彼女らは犯罪に手を染めるようになった当時の事を、次第に花は思い出していく。

男と金にだらしない母親と暮らしていた主人公。アルバイトで必死に稼いだお金を母親の元カレに盗まれ、スナックで貯めていたお金もこの母親に持って行かれてしまい、止むに止まれず「シノギ」という違法行為に手を出すようになります。

典型的なドロップアウトした女の子たちの転落劇かな、と、売春やドラッグなどにまで手を染める事も予想して内心ハラハラしながら読み進めましたが、そこまで至らなかったのは幸いでした。

とは言っても頑張ろうとすればするほど目の前が塞がれてしまう主人公の花を思うと、やり切れなさを感じます。この貧困のループと、それを上回る程に花が抱える「家」や「家族」(決して血縁にとどまらない)と言ったものへの渇望感が、本作の底に深く根ざしているようです。

同居していた友人の一人、桃子と花が口論するシーンがあります。4人分の生計の為同居する友人二人も巻き込みながら犯罪を続ける花に対し桃子は、「みんなの為と言いつつ自分が一人になりたくないから。周りによくやったと褒めてもらいながら金で同居する自分たちを縛ろうとしている」と追い詰めます。

実は桃子は実家が裕福で基本お金に困らない筈の女の子。(いろいろ事情はあるにせよ)立場的には強者と言ってもいいでしょう。貧困により「持たざる人間」に「持てる者である側」の理屈を振りかざしているのです。

ここで、前回読んだ「ヘヴン」でも立場の違う者同士が対峙する場面があったのを思い出しました。「いじめに意味などない」といじめる側がいじめられる側に言い放っていました。

minonoblog.hatenablog.com

圧倒的な立場の違いを独自の理論で対比させているのは興味深かったです。

犯罪は決して良くないものの、手に入れたものを繋ぎとめようとしゃにむになっていく花の姿は痛々しかったです。

登場した殆どの人が幸せな結末を迎えられず、正直後味は良くありません。しかし伏線を回収しないままで終わらせる事もできたであろうけれど、彼らの「その後」まできっちり描き、読者にも目を背けさせなかったのは、物語としてとても重みを感じました。