新幹線車内誌「ひととき」修理で甦る仏像の姿で奈良に思いを馳せる

一人暮らしの実母のサポートの為、結構な頻度で帰省していますが、その際にお世話になっている新幹線。いろいろ比較検討した結果、コスト・利便性の点から、エクスプレス予約でしかも「こだまの早割」を愛用しています。 minonoblog.hatenablog.com 言わずと…

「Audible完全マニュアル」知らなかった機能の発見で聴く読書の更なる活用を

もうそこそこ使っているので今更感はあったのですが、改めて何かわかるかな、と思って。内容としてはやはりビギナー向けでしたが、意外と知らなかったことも。とりあえずサクッと読んでみました。勿論Audibleで。 「Audible完全マニュアル」 浅見陽輔 著 Ama…

「喜ばれる人になりなさい」ユニークで愛情深いお母さんの言葉が刺さる一冊

先日Audibleで読んだ「人は話し方が9割」の著者永松茂久氏。 minonoblog.hatenablog.com 彼が事業家そして作家としてのキャリアに大きく影響を与えた母親の存在と、ベストセラー「人は話し方が9割」出版に至る経緯と秘話が盛り込まれた本書。「編集者が5回泣…

「ゴッドファーザー  最終章」

BSで放送していましたね。吹き替えだしもう何度も見ているし、観ないつもりが結局観てしまいました。 「ゴッドファーザー 最終章 マイケル・コルレオーネの最期」 映画.com コッポラ監督「ゴッドファーザーPartIII」の全米公開30周年を記念して作られたバ…

「鋼の自己肯定感」強い精神力の人が更に強くなれる本ではないでしょうか

自己啓発本の中でもここ最近よく見かけるキーワード「自己肯定感」。しかもハガネだそうです。カバーの絵もキャッチー。Audibleで。 「鋼の自己肯定感」 宮崎 直子 著 「自分に自信をつけて自己肯定感を高める」「性格を変えれば自己肯定感を得られる」など…

「寝たまんまヨガ」聴きながら寝落ちするシアワセ。アプリでもAudibleでも

数年前にひどい目眩を経験しました。耳の状態が原因だったのですが、それ以外にも圧倒的に睡眠時間が不足していて慢性的に疲労状態だった事もあり、以来出来るだけ睡眠時間を取るよう心がけています。 しかし寝付きの悪いのが悩み。これまで枕を変えたり、ア…

「ku:nel」人生を変えた本のあれこれ。紹介した人達の思いが詰まっています

雑誌類はざっくり立ち読みで終わるのが常だけれど、マンネリになりがちな本のチョイスに役立てたくて。 「ku:nel」 Amazon.co.jp 私のいい加減な記憶の中で、昔ユーミンが自分の本棚を人に見せるのは、下着の入ったクローゼットを見せるのと同じ(くらい勇気…

「家 ごはんと野球」大きな試練を乗り越えた家族の結びつきの強さを感じて

インスタで「4人家族」の楽しそうな写真をストーリーにアップされていましたね。以前カバーモデルをされていた雑誌を購読していました。その後のいろいろを含め今の心境を語っておられるようなので、Kindleで。 「家 ごはんと野球」 亜希 著 Amazon.co.jp …

今年もたくさんのアートに触れる機会がありそうで楽しみ!

美術展大好きなのに何となくいつも見逃しがちなので今年こそはと昨年から情報収集していました。山田五郎先生のアドバイスを参考にしつつ… youtu.be YouTube 一瞬「コロナ自粛の反動か」とも思えたのですが、まだまだだそうで、本格的に盛況となるのは来年以…

「人は話し方が9割」やはり話し上手は聞き上手でした

割と長く売れている本ですね。本屋でよく見ましたが私はAudibleで。 「人は話し方が9割」 永松 茂久 著 Amazon.co.jp 先月TVに著者の永松氏が出ているのを見ました。たこ焼き屋から起業し飲食店経営者としての経験から、人材の管理と育成という点で、従業員…

「夜に星を放つ」天体をめぐる短編集をAudibleで

2022年直木賞受賞の短編集。Audibleで。 「夜に星を放つ」窪美澄 著 Amazon.co.jp 婚活アプリで出会った男性と亡くなった双子の妹の彼氏との、それぞれに交流と別れを経験するOL、海辺の夏休みに年上の女性と出会う高校生男子、学校ではいじめを受け家では亡…

「世界で一番美しいマンダラ図鑑」美しいカラーページで世界のマンダラを堪能する

カラーページの美しさに一目惚れしての衝動買いの一冊。 「世界で一番美しいマンダラ図鑑」 マンダラは元々サンスクリット語manda(本質、心髄)+la(所有)から来ており、漢字では曼荼羅、曼陀羅、漫挐羅などと表記されているようです。 そもそも仏教では…

「カリートの道」堅気に生きる事を誓った男の夢と挫折を渋いアル・パチーノで

新年明けてから一人「アル・パチーノ祭り」(笑)アマプラで。 「カリートの道」(1994年) ニューヨーク。かつて麻薬王として名を馳せたカリート(アル・パチーノ)。やり手弁護士クラインフェルど(ショーン・ペン)の力を借りて5年ぶりに出所した彼は、…

「飲茶の「最強!の」ニーチェ」入門書からその思想を実生活に落とし込めるか?

昨年から始めたAudible。お陰で「読書」の概念が変わったような気がします。以前は積極的に手にしなかった本も気軽に読むようになったのは、自分としては一番のメリット。 もちろん「聞く」だけでは物足りない場合もあり、そんな時には素直に本屋や図書館で…

お正月の東寺で圧巻のお仏像を拝観できました

今年のお正月。元旦は家でまったり(前日何時間かかけて作ったおせちが数分であらかた無くなり、朝から頑張ったお雑煮はあっさり終了した時点でバッテリーが切れたので)うつらうつら過ごし、2日から帰省。それぞれのお墓参りをしたり、ついでに実母の診察…

「スカーフェイス」お正月には少し不向きなバイオレンス満載な映画でアル・パチーノを堪能する

おめでたいお正月に何故かヤクザ映画を観る人のように、もう何周目かのゴッドファーザーシリーズを観ているうちに、あぁそうだまだ観てなかったわと思い出したのでアマプラで。アル・パチーノ繋がりです。 「スカーフェイス」 映画.com 麻薬王トニー・モンタ…

アイコンができたので元旦から心機一転で!

あけましておめでとうございます。 良いお天気の元旦の朝。昨夜子供と一緒に夜中までCDTVを見ていたので、起きられる自信が無かったのですが、何とか初日の出に間に合いました。 昨年は帰省で新幹線の中だったのですが、一昨年に比べると今朝はもの凄く人が…

紅白を横目にお蕎麦を食べておせちを作っていつもの年越しです

今年もすでに大晦日。 おせちもお雑煮も年に一回なので段取りを思い出すのに時間がかかり、やっぱりギリギリまで一人バタバタの一日でした。 でも珍しく家族が掃除やゴミ捨てを積極的にやってくれたので、台所に専念できたのがまだ有り難かったかな。 紅白チ…

「ショーシャンクの空に」今年最後に映画館で観たのは希望を失わないタフさが感動の映画でした

多分年内最後の映画館での鑑賞作品でしょう。目黒シネマにて。 「ショーシャンクの空に」(1995年) 映画.com 妻とその愛人の殺害という冤罪で服役する銀行員アンディ(ティム・ロビンス)。何十年もの刑務所暮らしの中で、時に受刑者からの執拗ないじめ…

「パルプフィクション」バイオレンスもユーモアも遊び心も満載のタランティーノ映画

年末の見納めという事で二本立て行って参りました。目黒シネマにて。 「パルプフィクション」(1994年) 映画.com ギャングのビンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)は裏切り者の青年の家から盗まれたトランクを奪…

「映画を早送りで観る人たち」効率重視で得た情報で望む個性は手に入れられるか

岡田斗司夫氏が以前おすすめしていた本を配信を待ってAudibleで。 「映画を早送りで観る人たち」稲田 豊史 著 Amazon.co.jp スマホやipadで気軽に映画を楽しめる若者たち。早送りや10秒飛ばしを駆使し本数消化をこなす。時にネタバレで予め内容を把握した上…

「恋人たちの予感」観る度にクリスマスに聖地巡礼したくなるNYの魅力を鉄板のラブコメで

クリスマスですね。この時期いろんな映画が観られると思うのだけれど、自分の鉄板はこの一本。ジングルベルが鳴る頃になると決まって思い出し、今年もやっぱりポチッと一人何度目かの鑑賞をアマプラで。 「恋人たちの予感」(1989年) Amazon.co.jp シカ…

「マイ・プライベート・アイダホ」

前から観たかった一本。大好きな2人が出ている作品をアマプラで。 「マイ・プライベート・アイダホ」 映画.com ポートランドの路上で男娼をしながらその日暮らしのマイク(リバー・フェニックス)は、極度に緊張すると眠りこんでしまうナルコレプシーが持病…

「新しい国へ」美しい国を目指したその考えに改めて触れてみる

いつか読むかな、と思いつつ後回しにしていたら、まさかお亡くなりになってから読む事になるとは。目指しておられた事を改めて文字で追いたくて手に取ってみました。 「新しい国へ 美しい国へ 完全版」 楽天ブックス そろそろ「今年の10大ニュース」など発…

「JK、インドで常識をぶっ壊される」今どき女子高生の素直でまっすぐな視点に惹かれる滞在記

タイトルと表紙のイラストでサクッと読める内容かな、と思い選んでみましたが、思いの外良かったです。Audibleで。 「JK、インドで常識ぶっ壊される」 熊谷はるか 著 ごく普通の女子中学生である主人公。来年からは花のJKになれる!と喜びもつかの間、父親の…

「土を喰らう十二カ月」色香ある枯れたジュリーが観られます

昨日レディースデイを利用して観に行ってきました。平日なのに思いの外観客は多く、もしかしてジュリー目当ての方が多かったのかな、と思ったのですが違ってたかな? 「土を喰らう十二カ月」 映画.com 長野の人里離れた家屋で一人暮らしをする作家のツトム(…

「ブエノスアイレス」すれ違う男たちの物語を美しい俳優と映像で

先月のウォン・カーウァイ特集。もう一本観ていました。 minonoblog.hatenablog.com 「ブエノスアイレス」 映画.com 愛し合いながらも何度も別れを繰り返すウィン(レスリー・チャン)とファイ(トニー・レオン)。関係修復の為イグアスの滝に向かう途中又も…

「おいしいごはんが食べられますように」

タイトルからハートウォーミングな癒し系の本かと思っていたら、一癖ありました。芥川賞受賞作をAudibleで。 「おいしいごはんが食べられますように」 高瀬隼子 著 主人公二谷はソツなく仕事をこなす独身の男性社員。同じ職場にいる芦川さんは可愛らしく見る…

「人生の法則」自分の欲求タイプをみると意外に当てはまっていて驚きでした

度々ブログで取り上げる岡田斗司夫氏(Kindleで無料で読めるからというのが理由でもありますが)。少し昔の本ですが面白かったので。 「人生の法則 欲求の4タイプで分かるあなたと他人」 岡田斗司夫 FREEex 著 他人とのコミュニケーションにおいて、「理解…

「ドント・ウォーリー・ダーリン」砂漠の中の完璧なコミュニティーは夢か現実か

仕事帰りの長女と映画館で待ち合わせるシリーズ第二段。今回も冒頭15分くらい見逃しての鑑賞。やっぱり次回からは別々に入りますか… 「ドント・ウォーリー・ダーリン」 美しい住居、贅沢な暮らし。主婦として完璧な生活をおくるアリス。夫ジャックと共に何…